その他
シライト、チクビ、サンゴ、タマイタダキ、ハタゴ、イボハタゴ、LT、センジュ以外の回答を頂いたのはキッカイソギンチャク1名、ウメボシイソギンチャク2名でした。

ウメボシイソギンチャク
ウメボシイソギンチャクはいずれも近海で自家採集され、どんどん分裂して増えていくようです。偶然かもしれませんが、2例ともメタハラなしでで飼育され、定期的に餌を与えています。国内産ということもあり極めて丈夫なようです。蛍光灯のみで十分なようなようです。アドバイスとしては

*「入れる魚やエサも必要ですが、水槽のレイアウト変更のときに、負担をかけないほうがいいと思います。」
*「ポイントは水温では?」

キッカイソギンチャク
この方は照明は250Wのメタハラ、水流はパワーヘッド4個ウェーブコントローラーで回しています。イソギンチャク飼育のポイントは

*「購入時の個体選びでかなりの割合が決まると思います。ハタゴは難しいですが、輸送がきちんとしているものならば、長期飼育もそれほど難しくないかと。あとは、共生する種はクマノミなどの相手を一緒にしておくということでしょうか。」



アンケート分析トップ

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー